1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

田んぼ考

テーマ:アウトドア
土曜日は田植えのお手伝いで筑北村へ。

お手伝いといっても戦力になっているかは微妙なところ。田んぼのお手伝いとはいってもフルに参加したとしても種蒔き、田植え、稲刈り、脱穀だけなんですけど、実家が農家ではない私にとってはいまだに新鮮でなぜかワクワクした気持ちでやっています。

昔何かで読んだのですが、「あなたが好きな日本の自然風景は?」とアンケートを取ったところ第一位が「黄金色の稲が揺れる田んぼ」だったそうです。

よ~く考えてみると田んぼというのは人間が人工的に作ったものですので「自然」か否かというと微妙なところなんですが、田んぼというのは人間の文化と自然がもっとも調和がとれて魅力的なフィールドだなぁと常々思っております。

おまけに畦道には草花や昆虫、時には動物も。田んぼの中にも昆虫や魚もいたり。そして周りは鳥の声。

山道を何時間も歩いて里では見ることのない花を見つけるのも悪くはありませんが、身近な自然をあらためてよ~く見てみるのも発見もいろいろ。


子供じゃなくて私が捕まえている。


息子がとった水生昆虫と野草の競演。


実はかなり気に入っている田植え足袋


私が植え直した列は数日後に苗が浮かんでくるでしょう。

夏も近づく…

テーマ:ぼやき
食卓にも山菜がのぼり「う~ん、春♪」と感じる季節になってきました。

今日は一日中雨降りでちょっと暖房が欲しいくらいの陽気でしたが、最高気温が25℃を超えてくると「え~、もう夏?」と言いたくなる…初秋もそうですけど信州は「ちょうどいい陽気」という季節が短いようで。

春の訪れを告げるものが山菜だとしたら、夏の到来を感じさせるものに「新茶」がありますね。

「♪夏も近づく 八十八夜」ってあれですね。

長野県では南の方では栽培していますがこの辺ではお茶農家というのはありませんので茶摘みの光景はあまり馴染みのあるものではないです。

私はお袋の姉である伯母夫婦が伯父が亡くなるまで静岡でお茶屋をやっていたこともあり、小さい頃からこの時期になると新茶が届きます。

伯父が亡くなってから私の従兄弟である息子はサラリーマンになったので伯母はお茶屋を閉め実家のある飯田市に帰郷しましたが、今でもその伯母からウチのお袋のところに新茶が届きます。



お袋が淹れ方に失敗し恐ろしく薄いお茶ですが(笑)、これを飲むと毎年のことながら「夏が来たな~☀」と思うのです。

大型連休の残り

テーマ:ぼやき
大型連休も終わり、既に仕事モード全開の方から私のように休みボケとの戦いが続いている方など様々かと。

前回のブログでGWの前半3日をお伝えしましたが、今日は後半の2日。

【四日目】
前日の奥さまに引き続き、この日は息子と光城山へ。
予報では午前曇りの午後は雨でしたので朝早くからテッテコと登り始めました。
息子は急いで歩を進めます。
「お父ちゃん、早く行こうよ」と急かす息子に、「そんなに急ぐな!山は早く登った方が勝ちってもんじゃないぞ。まぁ、そもそも山登りに勝ち負けはないけれど、お父ちゃんは早く登った人が勝ちじゃなくて、頂上に着くまでに沢山面白いものを見つけた人が勝ちだと思うんだけどなあ」

頂上について一服。お父さんは紅茶、息子はワカメスープ(笑)
「美味しいか?」と聞くと「美味しいとか言うより、これでやっと宿題の日記に書けることができた」…まぁ、喜んでもらえばなんでもいいや。



お昼から私の実家へ行っていたが、午後になっても雨の降る気配がない。近所を散歩しながらそのまま独りで東城山・林城趾へ。
帰りはトレーニングもかねて走って下山。



【五日目】
連休最終日はクールダウンのため上伊那へ。
宮田村でラーメンとカツ丼を食べ、南箕輪の温泉にてゆっくり。
その後は伊那市内を散策&お茶。
「窓からローマ」が見えるならぬ「飲み屋街から仙丈が見える」



昔のように遠出をしなくても十分に楽しめた休みでありました。

大型連休の途中経過

テーマ:アウトドア
世間ではゴールデンウィークと呼ばれておりますが皆様はいかがでしょうか?

小売り系の方は「大型連休?全く関係なし( `Д´)/」という人も多いと思いますが、私は暦通り、水曜日からの五連休です。

五連休というのは普段なかなかないまとまった休みですが、弟家族が連休に合わせて帰省してくるためあまり遠くに出掛けてしまうわけにはいきません。

とはいうものの家の中で大人しくしている性分でもないため、時間をうまく使って適当に休みを満喫しております。

中日までの途中経過…

【一日目】
庭の草むしり



【二日目】
メチャこみの国営アルプスあづみの公園で昼寝。



【三日目】
奥様と二人、光城山トレッキング



さて、残り二日。
ど~やって過ごしましょうか。

春本番の味噌仕込み

テーマ:ぼやき
先日の土曜日は奥様の実家の味噌の仕込みのお手伝い。

毎年昭和の日恒例の行事ですが、ここ数年は味噌の在庫がキープされていたので仕込みを休んだため久しぶりです。

まぁ、その間自宅で我が家用に味噌を仕込んだ年もありました。

作業自体も大事なんですけど、煮豆が冷めるまでの待ち時間、仕込みが終わった後のお疲れさんの焼肉&飲み会が最高なんです。

今年も春の祭りや稲の種蒔きで顔を会わせていますが、味噌作りの日がやってくると「いよいよ春本番」って感じがしますね。

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

テッコ親方

住まいは松本市ですが、我が奥様の実家は筑北村です。

カメラを持つか、森を歩くか、焼肉するか…それが私の「3福」です。

写真・トレラン・モツ(ホルモン)・森歩き好きの方、そうでない方もコメントをお寄せくださいませ☆

性別
男性
誕生日
1973/01/25
都道府県
長野県

このブログの読者

お気に入りブログ